TOP

新卒、第二新卒で就職活動をしている方のためのサイトです

SPIは多くの企業が導入している適性検査です

最近の就職活動で良く聞かれる言葉の1つにSPIがあります。これはSPI総合検査と言われるもので多くの企業が入社試験の際に採用している適性判断するための検査になります。適性検査の多くが海外発祥のものが多い中でSPI総合検査は日本で開発された適性検査になります。一般的な学力や知識を問うテストと違いSPI総合検査は学生を様々な角度から見てその人が企業にとって適正かを総合的に判断するテストになります。SPI総合検査は直感的に嘘をつかないで設問に対して答えていく検査になります。適性検査で嘘をついてもすぐに見破られてしまいます。それほど高性能な総合検査と言われています。適性検査と言っても対策のための本が多数売られています。本屋さんやアマゾンでも販売されているので、就職活動の際にSPI総合検査を受ける場合は事前に傾向と対策をしっかり練ってからSPI総合検査を受けて高い評価をしてもらえるように予習をしておきましょう。

Webプロデューサーになるための資質とは?

Webプロデューサーの面接に通って、自分がやりたかった職種で仕事をするには、その資質を満たしていることをアピールするのが鉄則です。WebプロデューサーはWeb制作の統括責任者であり、その手腕1つでプロジェクト全体に影響するので、責任は非常に大きい仕事です。ですから、まずは責任感があること、途中で投げ出さないこと、トラブルやアクシデントが発生した時も冷静かつ柔軟にスピードを持って対処でき、収拾できる力があることを自分の強みとしてアピールしましょう。また、Webプロデューサーには利益感覚が求められます。それは自社のコストや売上の点はもちろん、クライアントのメリットをいかに考えて提案ができるかという点にかかってきます。クライアントにとってメリットのある提案ができなければ、コンペで他社に仕事を取られ、自社の利益にもつなげられません。クライアントと自社にとってWin-Winの関係が導ける提案ができる、という能力があることと、その実績を示せると面接での判断材料にしてもらえます。そして、提案のスタイルやプレゼンテーション力の高さもアピール材料になり、転職にあたっては、それを自分で磨いておく必要があります。サイトを提案するにあたって、デザインが目を惹きますとか、使い勝手がよくなりますといったエモーショナルな話方では説得力がありません。数的根拠を示して、クライアントが納得がいくロジカルな説明が求められます。Webサイトを導入したりリニューアルすることで、クライアントに具体的にどれだけの利益をもたらすのか、もしくは、コストを削減できるのかなどを示さなければなりません。そのための分析力や独自のツールを持っているなどを、アピールしましょう。制作現場のリーダーだから、制作のことが全て分かっていればいいではなく、しっかりとお金の話ができるというビジネス力を持ち合わせていることが強みになります。Webプロデューサーはクライアントが企業であれ、個人であれ、会社の顔として最前線でクライアントのために仕事する立場にあります。会社の代表として恥ずかしくないか、責任ある仕事ができるか、クライアントと自社のメリットを両方図ることができるかというバランスん感覚や利益感覚が非常に重要になります。その点をしっかりアピールポイントとしてまとめ、論理的に面接の場でプレゼンができるようにしておきましょう。プレゼンの練習をしておくことも大切なポイントです。


自分なりの工夫をしてWEBデザイナーの面接対策を

WEBデザイナーの採用試験を受ける際、書類選考に通過して面接を受ける流れが一般的です。履歴書や職務経歴書に関しては、自分のこれまでの経験や持っている資格などがあれば、余すことなく書いてアピールすることが出来ます。採用する側も、それを見れば、その人のスキルがどれくらいのレベルなのかを把握することが出来、欲しい人材をまず絞ります。ところが、続く面接では、その方法からチェックされるポイント・時間の長さや質問数まで、それぞれ違い、これといった決まりもなければ、正解もありません。その為、どんな対策をどれだけやったら良いのか分からなかったり、面接が苦手だという人も多いでしょう。WEBデザイナーの仕事柄、面接なんて形だけだろうと考えたり、全く対策せずに臨む人もいるかもしれません。時には何のことなく面接に通過する人もいるでしょうが、経歴やスキルに自信があっても面接でいつも落とされてしまう人もいます。そして、面接の難しいところは、受かっても落ちても、何が良かったのか・悪かったのかが判明しないということです。たとえ面接通過者から経験を聞いたところで、それが自分に当てはまるかどうかは分かりません。もちろん、体験談やマニュアル等を参考にすることはとても良いことです。ですが、その他に出来ることはないのでしょうか。WEBデザイナーの面接にはポートフォリオを使用して行われることが通常です。その人の制作したホームページやデザインなどの作品を元に質疑応答となるのですが、そこでやっておきたいことがあります。まずは、採用試験を受ける会社がどんな会社なのかをリサーチしておくことです。WEBサイトの制作・運営会社なのでしたら、どんなジャンルを得意としているのか、これまでの実績を見てみれば分かるはずです。当然、その会社のホームページがどんなものなのか確認しておきましょう。会社にはそれぞれの色があります。それによって、自分が作成するポートフォリオをその会社に合わせて、どの作品をどんな並べ方・順番で配置していくのか工夫することが出来ます。どの会社にも通用するようなポートフォリオよりも、この会社の為にと考えられたものの方が、注目されますし、面接も盛り上がるはずです。そうすることで、どれだけその会社に採用されたいのか、熱意を伝えることにも繋がります。自分がその会社に入って、どんな仕事がしたいのかを、実際に見てもらうことが出来るので、手を抜かずに作成することで、面接対策になるのではないでしょうか。

themerrymakers.be

月別アーカイブ

フリースペース

サイトマップ